ALDH2という酵素は両親から1本ずつ遺伝子をもらって作られます。 (増田偉生様)  酒飲みが気になっている疑問を解決できる要素です。 (菊地暉一郎様)  酔いにくい食べ物、特にタンパク質が多いと肝臓の機能がよくなります。 (中沢麻樹様)  不快感に慣れると幸福感を求めて飲めるようになります。 (山岸則重様)  こういうタイプは自分は飲めないと勘違いしてしまいがちです。 (鎌田美伸様)  酒に強くても飲みすぎるのは危険です。 (太田理恵子様)  適度な運動で代謝を促すことも重要です。 (荒井季孝様)  酒についての疑問点はここで解決できます。 (高島安彦様)  酒の強さは遺伝子の組み合わせで決まります。 (松野喜久郎様)  空腹で飲酒すると酔いやすいのでその前の食事が必要です。 (小川章一様)  分解速度が早ければ酒に強く、できなければ弱いことになります。 (池田寿彦様)  社会人になると飲む回数が多くなります。 (福原宏侑様)  シトクロムはアルコールも分解します。 (富田雅臣様)  酒の強さは遺伝子の組み合わせで決まります。 (中嶋市雄様)  割って飲むと効果的だという指摘もあります。 (吉岡望様)  さらに飲んで鍛えるといいですね。 (小田利次様)  尿酸値、γ-GTP、ALT、血糖値、コレステロールなど話題は多いです。 (野村慶太郎様)  アルコールが原因で偏頭痛の可能性があります。 (中本教夫様)  結果として胃の排出機能が高まって飲めるようになります。 (斎藤越子様)  もちろんお酒を飲むときには注意点があります。 (根本貢太郎様) 



酒酔いを防ぐにはこの方法が最適なのか

引用:酒酔いを防ぐには